仁比そうへい 国会報告~みんなの声で安倍政治を終わらせよう~

2017年08月24日

17 仁比国会の最終盤。総理の進退に直結する加計学園疑惑には問答無用でふたをし、警察による濫用が恐ろしい共謀罪法案だけは何が何でも押し通す。

押さえ込んだ圧力釜のふたがはじけたかのように、かつてない憲法をこわし政治を私物化する安倍政治に国民の怒りは沸騰し、自民党は都議選で歴史的大敗。内閣支持率はもはや政権末期というべき3割を切り、先の仙台市長選挙では野党共闘の市長さんが誕生しました。

格差をひろげながらお友達ばかりを優遇し、発覚すれば権力ずくで隠蔽し、真実を証言しようとする者を口を極めておとしめ、封殺しようとする。強権、独裁の安倍総理そのものに不信任が突きつけられているのです。みなさんも同じ思いではないでしょうか。

それでもやめないというなら、総理に残された道は、衆議院を解散して国民に信を問うほかありません。ところが往生際が悪いのが総理です。やっと開かれた集中審議も疑惑は深まるばかり。小手先の内閣改造で目先をごまかし、ねらう憲法9条改悪はあくまで秋の国会に自民党改憲案を提出し、来年には国民投票にかけるのだというのです。

いよいよ安倍政治を終わらせ、新しい政治をつくる大激動の時代が始まりました。市民と野党の本気の共闘を一気に発展させましょう。そのためには共産党が強く大きくならなければ。どうぞお力をお貸し下さい。

Comments are closed.