2017北九州憲法集会を開催しました

2017年05月29日

憲法集会今年も5月3日の憲法記念日に北九州憲法集会を開催しました。この集会は、日本国憲法について学び、未来に向けて憲法を守り育てていくことを目的に毎年開催されており、今年で16回目を迎えました。企画、運営は北九州地域の市民、団体によって構成される実行委員会によって行われています(当職は事務局長を務めています。)。

 

今年の集会は、評論家の佐高信(さたか まこと)さんを講師にお招きし、「アベノミクスから戦争へ」との演題で講演会を企画しました。

安倍政権の政策は憲法破壊そのものであること,国政を付託された政治家の最低限の仕事は戦争にならないようにすることであり,その自覚が安倍政権にはない。

「あの戦争に負けてよかった。戦争で得たものは憲法だけである。」という作家の故・城山三郎さんの言葉に感銘を受けた。近年躍動する若者の民主的運動を、市民全体でフォローし,盛り上げていくことが重要である。

佐高さんは、時には冗談も織り交ぜつつ、そして辛辣な表現で、今こそ憲法の価値が発揮されるよう、私たち市民は共同して戦わなければならないと強く訴えました。

集会の最後には、約500人の参加者全員で、憲法の価値を広め、守り抜くことを宣言するアピール文を採択しました。

今年も多くの市民の皆さまにご参加いただき、実行委員会としても感謝の気持ちでいっぱいです。

 

共謀罪成立が現実味を帯びている現在、憲法と平和を守る戦いも真の正念場を迎えています。これからも北九州憲法集会を開催し、市民の皆さんとともに、いのちと人権,平和を守るため当事務所の弁護士も最大限の努力をしていきたいと思います。

弁護士 天 久  泰

Comments are closed.