事務所概要

事務所の歴史

 

 事務所の創立

 1966年,三浦久(当時35歳)が,労働問題などを闘う北九州の民主団体の強い要請に応え,戸畑区で法律事務所を開設しました。
 その後,次々と発生する裁判闘争に対応するため,事務所は弁護士5名の共同事務所へと発展。1968年7月26日,「北九州第一法律事務所」としてスタートしました。

 裁判闘争への取り組み

 創立から45年。北九州第一法律事務所には,通算45名を超える弁護士が在籍し,若さと熱意をもって,多様な事件に取り組んできました。
 市立病院の一斉解雇事件をはじめとする多数の労働事件。わが国最大の食品公害事件であるカネミ油症事件。1990年代から社会問題化したクレサラ被害の救済。そして近年では,原子力発電所をなくすための闘争・・・。
 北九州第一法律事務所は,常に権力と闘い,市民の皆様の生活と人権を守るための闘いを続けてきました。

 政治活動への取り組み

 また,所員からは,三浦久(4期),仁比そうへい(2期・現職)という2名の衆議院議員、参議院議員が誕生しました。他にも,複数の弁護士が市長選へ出馬して市政の意義を問い,事務局長を市議会議員へ当選させるなど,全国の法律事務所でも類を見ない取り組みを行っています。
 これらは「弁護士は裁判所で法律を使って人権を守るもの」という常識を超えた活動ですが,よりよい社会を実現するための事務所全体の活動と位置づけ,事務所一丸となって支援してきました。

 市民のみなさまと共に

 北九州第一法律事務所は,これからも,「北九州市民のみなさまと共に」をスローガンに,基本的人権の擁護と社会正義の実現のために存在する事務所であり続けます。

2014年8月 所員一同