事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

50代主婦の妻が再婚相手からの離婚を調停を申し立てられ、更に離婚訴訟に発展した中で依頼者が離婚に納得し400万円以上の解決金で解決した事例

依頼者(年代、性別、職業)

女性,50代,主婦、被請求

相手方(年代、性別、職業)

男性,50代,会社員

結婚歴

5年未満

別居の有無

主な争点

離婚原因,財産分与等

解決までの期間

1年8か月

相談に来たきっかけ

相手方の家出,離婚調停の申立て

事案の概要

双方50代で結婚(再婚)したが,1年足らずで相手方が家を出て別居開始。その後,相手方から,「依頼者の暴力」を原因とする離婚調停が申し立てられた。

解決内容

当方は離婚を希望しておらず,離婚調停は不成立。その後,相手方が離婚訴訟を提起。離婚原因(依頼者の暴力等)の有無が争点となったが,第一審は当方の主張を容れ,離婚原因がないとして請求棄却の判決がなされた。
しかし,裁判の過程で依頼者も婚姻継続の意欲を失っていたため,控訴審において,400万円以上の解決金と引換えに離婚に応じることで,解決に至った。

解決のポイント

離婚原因の有無については,日記やメールの記載の解釈が問題となったが,経験則に照らし常識的な主張を行ったことが奏功したと思われる。第一審で当方の主張を認める判決が出たことで,控訴審でも有利な解決を導くことができた。