事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

30代女性が自営業の夫に対して不貞を疑い離婚調停を申し立て、面会交流を重ねながら離婚を成立させた事例

依頼者属性(年代、性別、職業)

30代、女性

相手方(年代、性別、職業)

30代、男性、自営

請求・被請求の区別

調停は当方から提起、訴訟は相手から提起され、当方は反訴

結婚歴

5年

別居の有無

主な争点

親権者・財産分与

解決までの期間

約2年

相談に来たきっかけ

夫の不貞を疑い、相談に来られた。

事案の概要

当時まだ保育園に通っていた子を連れて別居したところ、夫から子の引き渡し監護権者指定の審判が申し立てられた。その後、取り下げられ、訴訟の中で子の親権についても話合いが進められた。

解決内容

親権者、養育費、面会交流の条件を定めた上で、訴訟上の和解をした。

解決のポイント

依頼者が相手に対する訴訟係属中に代理人事務所にて、子と夫を会わせるなどして、面会交流を実施し、少しずつ夫の理解を得た。面会交流の条項をきちんと定めることで和解に応じてもらえることになった。