その示談金、増額できるかも?

2019年11月30日

1906分 石井弁 交通事故 原稿-1 「相手方保険会社と交渉中ですが、今の金額で同意して良いのでしょうか。」

このようなご相談は、交通事故関係の中で最も多い相談内容の1つです。

私が今回ご依頼を受けた方は、歩行中に交通事故に遭われた、高齢の男性です。交通事故により骨折し、1か月弱の入院と3か月の通院を行いました。治療が終了して示談交渉を始めたところ、保険会社からは、示談金として約40万円が提示されました。

しかし、男性は、提案された金額が妥当かどうか判断できなかったため、当事務所へご相談に来られました。

当職が保険会社の提示内容を確認したところ、特に慰謝料については、弁護士介入により増額の余地があり、予想される増額幅を考えれば、弁護士費用を差し引いてもご自身に十分な利益が出る見通しでした。

そこで弁護士が介入し、増額交渉を行ったところ、60万円増額の約100万円で示談することが出来ました!

交通事故の示談金額は、かなり複雑な計算方法で算出されます。また、慰謝料については、被害者本人が行う場合と弁護士が行う場合とで、算出方法が異なることが多くあります。その結果、交通事故の示談交渉においては、弁護士が介入することにより、示談金額を増額できる場合が少なくありません。

あなたも、示談書に署名する前に一度、弁護士へご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士 石井 衆介

 

 

 

Comments are closed.