離婚相談は弁護士へ

2016年01月18日

配偶者との関係について悩んでいませんか?

離婚するかどうか決められないとか,調停や裁判まではせずに話し合いで離婚したい、離婚したいけど相手が話に応じてくれるかわからない,怖くて話を切り出すことができない…などと一人で悩んでいるなら,一度弁護士にご相談ください。

弁護士は,ご相談者の状況に応じて,金銭のことや子どもの親権など離婚の条件や手続きの進め方について具体的にアドバイスができます。また、相手方との話し合いが不安なのであれば、事前に弁護士と相談して話し合うべきことを整理することでスムーズな話し合いができますし、もしDVなどの事情がありご自分で話すことが難しければ、最初から弁護士が間に入って交渉を行うこともできます。

離婚には、協議離婚・調停離婚・裁判離婚とありますが、どの段階でも弁護士に依頼することができます。お早めにご相談いただければ、調停などを行うことなく、離婚条件について、迅速な手続きで拘束力のある書面(公正証書)を作成し、離婚できる場合もあります。ぜひお早めにご相談ください。

Comments are closed.