集団的自衛権とは

2014年06月16日

この頃、テレビで、「集団的自衛権」という言葉を見ない日はありません。集団的自衛権とは何でしょうか。  

その前に元々の自衛権の意味について知る必要があります。本来の意味での自衛権は、個別的自衛権と呼ばれ、自国に対する武力攻撃を、実力をもって阻 止する権利のことです。

個別的自衛権は、①自国への攻撃が目前に迫っていること、②攻撃を排除するために他の適当な手段がないこと、③必要最小限度の実力 行使にとどまることという3つの要件を備えて初めて行使することができると考えられています。

これに対し、集団的自衛権は、自国と密接な関係にある外国への武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもって阻止する権利を 言います。個別的自衛権と違い、自国への攻撃が目前に迫っていることは必要ありません。日本政府は、本来は日本も集団的自衛権を持っているが、憲法9条が あるので行使できないという解釈を長年にわたりとってきました(1981年政府答弁)。9条の文言からはそのようにしか解釈できなかったのです。

  しかし、現在の安倍内閣は、集団的自衛権を憲法解釈上正面から認めようとしています。その理由はどこにあるのでしょうか。第一次安倍内閣の際の有識者会議がまとめた報告書(2008年)では、次の2つの指摘がありました。

一つ目は、共同訓練など、公海上で自衛隊の艦船が米軍艦船と近くにいる場合に、米軍艦船が攻撃されても自衛隊が何もできないのはおかしいという指摘 です。報告書は、両国の信頼関係維持のためには、自衛隊が米軍艦船を守れないのは明らかにおかしいとまとめています。しかし、世界的に見て圧倒的に強大な 軍事力をもつ米軍を積極的に攻撃する軍隊など存在するのでしょうか。また、このケースは偶然に偶然が重ねたもので、実際には起こりえないケースといっても よく、このように非常に例外的なケースを例に挙げて議論することこそおかしいといえます。

二つ目に、米国に向かうかもしれない弾道ミサイルを、日本が迎撃できないのはおかしいという指摘があります。しかし、実際の弾道ミサイルは音速の 10倍もの速度で飛び、それを迎撃するだけの技術は日米の長年の研究にもかかわらず未完成です。そもそも迎撃できないのに迎撃しなければならないケースを 想定して議論することは、誰の目にも滑稽な議論です。  

長年にわたって行使できないとしてきた集団的自衛権を、このようにおかしく、滑稽な議論を前提に行使できると解釈し直す安倍内閣。一体今までの政府 答弁は何だったのかと言いたくなります。今一度、憲法9条が目指したもの、あの戦争の惨禍を二度と引き起こさないという理想にしっかりと目を向けて、時の 政治権力が自分勝手な解釈をしてしまわないよう政治の動きに常に注目しなければなりません。

Comments are closed.