泉南アスベスト国賠訴訟は最高裁で原告側が勝訴しました

2014年10月10日

 大阪府泉南地域では、古くからアスベスト紡績工場などが多く立地し、工場に勤める労働者や、工場に出入りする他の労働者、工場周辺住民などにアスベスト疾患による被害が多数みられていました。  このような被害に対し、労働者、住民の皆さんが国を被告として損害賠償の訴訟を提起していた裁判で、10月9日、最高裁は、国の責任を認める画期的な判決を言い渡しました。  アスベストによる被害をめぐる裁判において、国の責任が認められた初めての最高裁判決としての意義はもちろん、長年、裁判をたたかってきた原告の皆さんの思いが叶えられた良い判決でした。  九州では、建設アスベストの裁判が11月7日に判決を迎える予定です。この裁判でも国を被告としており、最高裁の判決が大きな影響を与えることは間違いありません。  今後も、アスベストをめぐるあらゆる被害の救済と被害の根絶、二度と同じような被害をくり返させないために泉南アスベストの訴訟団と連帯して取り組んでいきます。  参考のため、泉南アスベストの訴訟団の声明、九州建設アスベスト訴訟の原告団長からのコメントもご紹介しますので、ぜひご一読下さい。   リンク先 ■泉南アスベストの訴訟団声明九州建設アスベスト訴訟の原告団長からのコメント

Comments are closed.