年表

1966年1月三浦久弁護士 戸畑区で法律事務所開設
1968年北九州市立病院分限免職事件で北九州市職労と共闘
1968年7月弁護士5名で北九州第一法律事務所開設
1969年5月小倉北区田町に事務所移転
1970年11月食品公害事件カネミ油症事件提訴
1972年12月三浦久弁護士衆院選挙に立候補・初当選
1984年2月原博道元事務局長北九州市議選初当選
1985年7月金の架空取引の豊田商事で、財産保全のため社長のジェットセスナ差押
1985年12月筑豊じん肺訴訟 提訴(2001年7月高裁での勝訴)
1989年7月若戸大橋の通行料無料化裁判提訴
1991年湾岸戦争への自衛隊機差止の仮処分申請
1996年6月若松沖の白島石油備蓄基地の反対裁判提訴
1996年12月公安警察が芦屋の青年にスパイ強要した事件で、損害賠償請求
1999年1月小倉北区竪町に事務所移転
2000年9月安川電機の思想による賃金差別事件の勝訴的和解
2001年5月ハンセン事件勝訴
2003年4月薬害肝炎訴訟提訴(2006年8月 地裁判決)
2004年4月TOTO関連会社で起きた過労死事件の勝利的和解
2004年7月仁比聰平弁護士参院選挙に立候補・初当選
2007年1月小倉北区金田(現住所)に事務所移転
2008年11月開設40周年記念レセプション
2009年10月若松の青葉小学校での体罰自殺事件で勝訴
2010年6月老齢加算廃止違憲訴訟 高裁勝訴
2010年9月八幡東病院での爪のケア事件
2011年10月九州建設アスベスト事件提訴
2012年1月原発なくそう!九州玄海訴訟提訴
2013年7月仁比聰平弁護士参院選再選