弁護士になったきっかけ

 法曹になる前に研修(司法修習)を受けるのですが、その際、弁護士が一番楽しそうだなと思ったのが理由です。
 今では弁護士以外の法曹職は考えられないというくらいのめり込んでいますが、最大の魅力は自由だということではないでしょうか。「弁護士」という肩書きだけでどこへでも出て行ける、その分、いろいろなことに責任も出てきますが、やりがいもあり、非常に充実した日々を送ることができています。

皆さまへ

 私は、これまで様々な事件を取り扱ってきましたし、一通りのことはできます。この原稿を書いている最近は、家族の問題(離婚や離縁、相続、高齢者の財産管理の問題)や刑事事件を多く取り扱っています。その前は、交通事故や雇用の問題を多く取り扱っていました。
 そのような中で、他の弁護士との違いを挙げるとすると、相談者や依頼者の方に対してもかなりはっきりとモノを言いますし、普段からできるだけ分かりやすく、身近に感じてもらえるようよくお話しをさせていただくようにしているということです。その中で、ご依頼いただいた事件の見通しを伝え、ともに悩んだり、喜んだりしながら事件処理に励んでいます。
 また、「関わっている主な事件」をご覧いただいても分かるとおり、大型事件にも多く取り組んでいますし、憲法問題や原発問題について日頃から講師と していろいろな場所でお話をさせていただいています。地域のあらゆる課題に住民の皆さんと取り組んで解決していけるような弁護士、地域の頼りにされるよう な存在になりたいと思っています。
 なにはともあれ、悩んだら相談、これが重要です。日頃相談を受けていて、残念だなと思うのは、悩みをその ままため込んで、どうにもならなくなってから弁護士に相談される方が多いということです。これは問題の解決を困難にするばかりですし、ほとんど益はありま せん。相談したからといって必ず依頼しなければならないわけではありませんので、ひとまずお電話下さい。
 皆さまがいきいきした生活を送られるよう寄り添っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール
弁護士登録
2010年
出身地
北九州市戸畑区
弁護士会活動等
憲法委員会
高齢者・障害者委員会
関わっている主な事件
九州建設アスベスト訴訟
原発なくそう!九州玄海訴訟
原発事故被害救済訴訟
朝鮮高校支援金差別国賠訴訟
趣味
読書、音楽鑑賞
好きな休日の過ごし方
昼からお酒を飲むこと、旅行
血液型
A型

 

事務局からの声

池上弁護士は、若いながらどんな方に対しても「悪いことは悪い、良い事は良い」とはっきり物事が言える人です。その真摯な姿勢から信頼関係がうまれ、「また相談したい」「相談者を紹介したい」とリピーター率が高いです。
社会問題にも高い関心を寄せ、原発問題や憲法問題には事務所の先陣を切って取り組んでいます。