事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

浮気・不倫の慰謝料請求の解決までの流れ

交渉段階

配偶者の浮気・不倫が判明した場合には、他方配偶者は、浮気をした配偶者や浮気相手に対して慰謝料請求をすることができます。請求金額には相場がありますし(【浮気・不倫の慰謝料金額の相場】参照)、相手方の反論が考えられる場合には証拠の確保も必要になるでしょう(【パートナーの浮気・不倫を疑ったら何をすべきか】参照)。

配偶者や浮気相手に対し、慰謝料請求をした後、請求相手と交渉をすることになります。交渉の中で、請求金額を任意で支払う旨の和解ができれば、交渉段階で解決ということになります。なお、相手方が任意での支払に応じている場合であっても、後に支払が無くなる可能性があるなどの場合には、公正証書を作成されることをおすすめします。

 

裁判段階

交渉段階で解決に至らなかった場合には、裁判をすることになります。裁判では、収集した証拠をもとに相手方に不貞行為があったことなどを立証しなければなりません。また、裁判になったからといって和解ができないわけではなく、相手方の気持ちに変化があったり、裁判の進行状況をみて、和解となる場合もあるでしょう。裁判所が判決をだすまでの間に和解ができないようであれば、判決がだされることになります。なお、裁判所から慰謝料の支払を命じる判決が出た後に相手方の未払があった場合には、その判決をもとに強制執行による差押え等を行うことができます。

 

まとめ

以上が浮気・不倫の慰謝料請求の解決までの流れです。

相手方との交渉は浮気をされた配偶者にとっては苦痛以外の何ものでもありません。また、交渉段階での解決、裁判段階での解決いずれにしても公正証書の作成、裁判手続きなど、専門的で煩雑な作業を要することになります。

慰謝料請求をお考えの方は、一人で悩まず、一度専門家である弁護士にご相談下さい。

関連記事はこちら