事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

運輸業の50代正規社員の男性が会社から不当な懲戒処分を受けた件で、裁判により懲戒処分無効を勝ち取った事案

依頼者属性(年代、性別、職業、業種、雇用形態)

50代男性無期雇用の正規社員

相手会社の属性(建設業等)

運輸業

もともとの訴えや要望

懲戒処分の無効確認とそれによる差額賃金の請求

主な争点

懲戒処分の有効性(懲戒事由の存否、相当性)

解決までの期間

約2年

事案の概要

事実無根の理由で会社から懲戒処分を受け、それに伴って賃金が減額されるという不利益を受けた事案

解決内容

判決により懲戒処分の無効を勝ち取った。

解決のポイント

比較的軽微な懲戒処分であっても、本人が社内で築いてきた地位、名誉を損ない、あるいは、待遇上の不利益を伴う場合がある。とりわけ、事実無根の理由でそのような処分がされた場合には、それらの是正のため、判決によりこの点を公に認定してもらうことが必須と言える。

関連記事はこちら