事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

30代卸売業の正社員男性が管理監督者を理由に残業代を支払われなかったことを裁判で争い440万円を支払われた事案

依頼者属性(年代、性別、職業、業種、雇用形態)

男性,30代,正社員

相手会社の属性(建設業等)

卸売業

もともとの訴えや要望

残業代請求

主な争点

未払残業代の有無(特に、管理監督者に該当するかどうか(残業代の支払いが免除されるかどうか))

解決までの期間

約2年

相談に来たきっかけ

退職したが、在職中の残業代を全く支払っていないため請求したい

事案の概要

形式上部長との役職であったが、部には1,2名の職員しかおらず名ばかり管理職であった。しかし、会社は管理監督者にあたるとして残業代を一切しはらっていなかった。

解決内容

当方は残業代の支払いを求めて、交渉、労働審判と手続をとったが、会社が頑なに認めずに、訴訟、控訴審まで訴訟手続が必要であった。もっとも、裁判所は原告の主張をみとめて最終的に440万円を越える未払残業代を獲得することができた。

解決のポイント

会社が管理監督者であることを頑なに否定していたため時間がかかったが、裁判所での証人尋問等で管理監督者ではない実体を明らかにできたため裁判で勝訴に勝ち取ることができた。

関連記事はこちら