事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

50代事務職の女性が会社からの退職勧奨に対して、双方の弁護士同士で話し合い、退職金や会社都合の退職といった依頼者にとって好条件を引き出し解決した事案

依頼者属性(年代、性別、職業、業種、雇用形態)

女性、50代、事務職

もともとの訴えや要望

退職勧奨に納得できない。

事案の概要

勤めていた会社から退職勧奨を受けたが、理由を明確にされておらず、納得出来なかったため、会社から退職の書面に署名するように求められたが署名しなかった。

解決内容

退職理由を明確にするようもとめ、会社都合退職にすることや、規定より若干額上乗せすることで退職金を定め、退職に応じることで解決。

解決のポイント

相手方会社にも、代理人が就任したため、退職を前提に退職の条件をつめることで解決ができました。会社都合にすることで、失業給付をすぐに受け始めることができるため、会社都合にしたことは依頼者にとっては大きいことだったようです。

関連記事はこちら