事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

アスベスト

わが国では、戦後から高度経済成長期にかけて、大量のアスベスト(石綿)を輸入し、建材等に加工して全国に流通させてきました。しかし、徐々にアスベストの吸入により石綿肺(じん肺の一種)や肺がん等を発症することが判明し、現在では、製造や使用、輸入がほぼ禁止されています。

そのような中、平成26年10月9日、泉南アスベスト国家賠償訴訟の最高裁判決において、昭和33年5月26日から昭和46年4月28日まで、国が石綿工場への局所排気装置の設置を義務付けなかったことが違法と判断されました。この判決を受けて、国は、石綿工場の元労働者やご遺族が国に対して訴訟を提起した場合には、一定の要件を満たせば、和解により賠償金を支払う方針を取るに至っています。

また、石綿含有建材を建設現場で加工して建設作業に従事した職人さんらも、その加工の過程で、石綿粉じんを吸入し、石綿関連疾患を発症しています。現在、職人さんらやご遺族が原告となって、国と建材メーカーを被告とする建設アスベスト訴訟が行われています。同訴訟でも基本的に国の責任が認められています。

九州でも以上のような被害の救済等を目的として弁護士ら(弁護団)が活動していますが、当事務所に所属する弁護士も弁護団の一員として、多くの訴訟にかかわってきました。

労災の申請はもちろん、医療機関の紹介なども含め、アスベストに関する相談は無料です。
アスベストによる健康被害を受けている方及びご家族の方は、お気軽に北九州第一法律事務所の弁護士にご相談下さい。

関連記事はこちら