事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

パートナーの浮気,不倫を疑ったら何をすべきか

あなたが,もしパートナーの浮気,不倫を疑った場合,いかなる対応を取るべきでしょうか。

 

パートナーが浮気,不倫をした場合,浮気,不倫の事実は,法律上の離婚原因(民法770条)となります。また,パートナーもしくは不倫相手に対して,損害賠償請求(民法709条)をできる場合があります。

 

もっとも,裁判(もしくは調停)でこちらの主張を認めてもらうためには,証拠が必須です。浮気,不倫が事実であったとしても,証拠がなければ,裁判所はこちらの主張を認めてくれないときがあります。

 

そこで,パートナーの浮気,不倫を疑った際には,まず,浮気,不倫の事実を証明する証拠を収集することが必要です。

 

浮気・不倫の証拠とは

収集すべき証拠は様々ですが,主に以下のようなものが挙げられます(注意すべき点も含め記載します)。
・LINE,メールのやりとり

発見した際に必ずスクリーンショットを撮る,もしくは画面を自らの携帯で撮影するなどして保存する必要があります。特に,LINEの履歴については削除されてしまうと復元が困難な場合が多いです。
・電話の発着信履歴
・2人で出かけたことが分かる資料
飲食店やホテルの領収証,2人で一緒に写った写真・動画等があります。
・SNSの投稿
例えば,同時期に同じ場所にいたことが推認される投稿などです。
・興信所や探偵の調査結果
不貞が争点となる事案ではたびたび証拠として出されます。
・日記,メモ
浮気,不倫をうかがわせる事情を日々書き留めたメモ等のことです。
・自宅や自家用車内にあるはずのない異性の物品等(下着,避妊具等)
その場で写真撮影するなどして証拠化する必要があります。
・パートナーや不倫相手が,浮気,不貞を認める発言
発言を録音,録画等の方法で証拠化する必要があります。なお,民事事件においては,隠し撮りされた録音,録画でも証拠として採用されることがあります。

 

パートナーの浮気,不倫を証明するための証拠は,以上にあげた以外にも,事案に応じて多数のものが想定されます。
ただし,多数の証拠の中でも,裁判における重要性,価値は証拠の内容,性質によって異なりますし,単一の証拠だけで証明ができることは多くありません(例えば自分が持っていない種類,デザインの異性物の下着が見つかったことだけで,直ちに浮気が認められるわけではありません)。

 

事案に応じて,どういった証拠が必要で,どのような点を意識して証拠をすれば良いのか,大きく異なってきます。
パートナーの浮気,不倫を疑った際,そして,将来的に離婚や不貞行為に対する慰謝料請求等を考えているという場合は,一度専門家である弁護士に相談されても良いかもしれません。

関連記事はこちら