事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

雇用主からの損害賠償請求

依頼者属性(年代、性別、職業、業種、雇用形態)

運転手,正規雇用

相手会社の属性(建設業等)

製造業

もともとの訴えや要望

主な争点

雇用主に対する損害賠償の金額

解決までの期間

6ヶ月

相談に来たきっかけ

事案の概要

雇用主所有の自動車を運転中に自損事故を起こし,雇用主から約100万円の損害賠償請求を受け,会社を退職した。その後も雇用主から支払うよう請求を受けている。未払賃金もあるが求めづらい,どうしたらよいかとのご相談でした。

解決内容

交渉事件としてご依頼を受けました。請求額の約3割を支払うことのほか,未払賃金の支払いをさせること,今後お互いに経緯について口外しないとの和解合意書を作成,解決しました。

解決のポイント

被用者が会社所有の財産を壊すなど,会社に対して損害を与えた場合,裁判例では,会社(雇用主)の事業の性格,規模,施設の状況,被用者の業務の内容,労働条件,勤務態度,加害行為の態様などの事情を考慮して,会社から被用者への損害賠償請求額を全額ではなく,数割程度にとどめるものがあります。
本事件もご依頼者が自動車の運転に慣れていなかったなどの事情を考慮してもらい,約3割の支払いに留めることに成功しました。また,ご依頼者本人から雇用主に対し未払賃金の請求も行うのが難しい状況でしたが,弁護士が介入することで一挙に解決することができました。

関連記事はこちら