事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

4ヶ月という短期間で未払賃金75万円を獲得した事例

依頼者属性(年代、性別、職業、業種、雇用形態)

20代、女性、正規社員

相手会社の属性(建設業等)

医療関係

もともとの訴えや要望

会社からの退職と残業代約140万円の請求

主な争点

終業時間の認定

解決までの期間

4か月

相談に来たきっかけ

事案の概要

主にPCを使用する業務に従事していた事務職の労働者について、タイムカードで退勤時刻を実際の時間より早めに打刻させる指導が行われていた。

解決内容

75万円を支払う。

解決のポイント

PCのログオフ記録を取得できたため、それをもとにタイムカード記載の終業時刻を否定することができたこと。

関連記事はこちら