事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

5ヶ月という短期間で同僚らによる暴行、暴言などについて労働者2名で合計200万円の賠償を獲得した事例

依頼者属性(年代、性別、職業、業種、雇用形態)

30代、男性、派遣社員、2名

相手会社の属性(建設業等)

もともとの訴えや要望

同僚らによる暴行、暴言などに対し損害賠償(治療費、慰謝料など)として500万円ずつを請求。

主な争点

暴行暴言などの有無、損害額。

解決までの期間

5か月

相談に来たきっかけ

事案の概要

A社構内でY社が運営する事業場にB社から派遣中の2名の労働者について、Y社従業員らから、約1ヶ月半にわたり、継続的に、暴行、暴言を受けてきた(主な暴行としては、履き物を蹴飛ばして顔に当てる、溶剤をにかける、職場の同僚らの目の前で正座させ、作業用の道具で背中を激しく叩くなど。)。
労働者らは、それぞれ精神疾患を発症。

解決内容

2名で200万円の賠償を獲得。

解決のポイント

示談交渉で5ヶ月間の早期で解決することができた。具体的・詳細な事実関係を聴き取って、会社側に提示、調査を迫ったことが大きかった。

関連記事はこちら