事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

調停により決められた養育費の支払いが止まったので、給料差押により回収するとともに、支払の再開を実現した事例

依頼者属性(年代、性別、職業)

40代、女性、無職

相手方(年代、性別、職業)

40代、男性、会社員

請求・被請求の別

請求

結婚歴

離婚後

主な争点

給料差押

解決までの期間

相談に来たきっかけ

5年以上前の離婚調停の際代理人を務めたことから、養育費の支払いが止まったことを契機に、差押による回収を依頼された。

事案の概要

調停調書通りに支払われていた養育費が止まったので、強制執行により回収する。

解決内容

債権差押命令申立をして、差押命令をえた。相手方の勤務先は相当額を供託。供託金払渡請求をして回収した。

解決のポイント

給料が差押えられたことにより、相手方は、養育費の任意支払を再開した。相手方が退職するおそれがある場合には有効でないが、本件の場合には、未払分回収と任意支払再開の動機付けとして有効な手段となった。