事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

40代男性が面会交流と婚姻費用の分担調停は自分で行ったが、離婚協議が進まず弁護士に相談し離婚訴訟が成立した事例

依頼者属性(年代、性別、職業)

男性、40代、給与生活者、離婚請求

相手方(年代、性別、職業)

女性、40代、給与生活者

結婚歴

5年

別居の有無

別居中

主な争点

面会交流条件

解決までの期間

1年間

相談に来たきっかけ

面会交流と婚姻費用の分担調停は自分で行ったが、離婚協議が進まない。

事案の概要

性格の不一致により、結婚後数年で幼児を連れて別居し、以後5年以上経過。面会交流調停や婚姻費用分担調停は本人で和解済みだったが、弁護士介入後も離婚後の新しい面会交流条件(頻度や受け渡し場所等)が中々決まらなかった。

解決内容

面会交流を重ねいったところ、離婚が成立し、最終的に面会交流条件を協議して終了した。

解決のポイント

離婚訴訟を提起して、面会交流も含めて双方に弁護士がついた結果、離婚が成立した。