事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

夫の暴言・暴力を理由に別居した60代主婦が離婚・慰謝料・財産分与・婚姻費用について裁判で和解した事例

依頼者属性(年代、性別、職業)

60歳代,女性,主婦

相手方(年代、性別、職業)

60歳代,男性,無職(退職後)

請求・被請求の区別

請求側(離婚,慰謝料,財産分与,婚姻費用)

結婚歴

40年

別居の有無

主な争点

慰謝料,財産分与

解決までの期間

1年

相談に来たきっかけ

別居後,離婚と慰謝料,財産分与を希望して相談に来られた。

事案の概要

夫は会社を退職したころから,依頼者に生活費を十分に渡さないようになり,また,暴言を吐いたり,暴力を振るったりするようになったため,依頼者が家を飛び出して別居となった。
離婚調停と婚姻費用分担調停を申立てたが,離婚調停は不成立となったため,離婚訴訟を提起した。

解決内容

夫と依頼者は離婚し,夫は依頼者に対して解決金500万円を支払うなどの内容の和解成立。

解決のポイント

離婚訴訟提起後,夫が自宅不動産を処分しようとしていたため,不動産処分禁止の仮処分の申立てを行った。