事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

妻の離婚意思が固く離婚に応じざるを得ない30代会社員が財産分与等について一切応じず早期解決した事例

依頼者(年代、性別、職業)

30代 男性 会社員

相手方(年代、性別、職業)

30代 女性 パート

請求・被請求の区別

被請求側(離婚等)

結婚歴

4年

別居の有無

主な争点

離婚条件(慰謝料、財産分与、養育費の額など)

解決までの期間

1.5か月

相談に来たきっかけ

相手方から離婚を切り出され、離婚条件について弁護士の意見を聞きたいとの相談。

事案の概要

夫婦の価値観の相違から、相手方から離婚を希望。離婚を認めるか否か、財産分与や養育費の支払額等が主な争点に。

解決内容

離婚に応じる代わりに、慰謝料や財産分与等の財産的請求をすべて放棄。養育費については、経済的事情が大幅に変わらない限り請求しないこととした。

解決のポイント

相手方の離婚意思が固く、早期解決を重視していたことから、離婚条件については当方に有利な形で合意書を作成。当初の相談から1.5か月での早期解決を実現した。