事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

被相続人の死亡から10年以上経過しており,かつ他の相続人が解決に積極的な姿勢を見せない事案

依頼者属性(年代、性別、職業)

相手方(年代、性別、職業)

請求・被請求の別

請求される側

主な争点

解決までの期間

相談に来たきっかけ

相続人の一人から遺産分割の調停を申し立てられたため

事案の概要

被相続人が10年以上前に死亡していたが,相続人間の関係が悪かったことから,遺産分割協議等は行われないままになっていました。突如,相続人の一人から調停の申立があり対応せざるを得ない状態でした。

解決内容

申立人である相続人が,申立人でありながらも紛争解決に向けて積極的な態度を一切示そうとしなかったため,まずは依頼者と協議を重ねて,申立人主張の遺産のほかに相当額の未分割遺産がないかどうかを調査してこれが発覚しました。その上で,当方より合理的な遺産分割案を提示し,提示した内容通りの調停が成立しました。

解決のポイント

・申立人の主張が正しいとは限らないという観点から,主張されていない相続財産がまだあるのではないかと疑い,徹底的に調査をしました。数ヶ月の時間を要しましたが,結果として相当額の遺産を発見することが出来ました。
・調停期日で表明されていた各相続人の意見を確認し,依頼者の意向に添った上で,各相続人にとってもそれなりの利益となる分割案を作成し,合理的な理由を付した上で主張したところ,各相続人が承諾する結果となり,財産調査後の分割協議自体は非常にスムーズに終わりました。