事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

妻の不貞を裁判で立証し離婚を成立させた事例

依頼者(年代、性別、職業)

30代男性

相手方(年代、性別、職業)

20代男性

結婚歴

約5年

別居の有無

あり

主な争点

不貞行為の有無

解決までの期間

約1年半

相談に来たきっかけ

事務所相談

事案の概要

結婚して子どもが一人いる夫婦の妻が独身男性と不貞行為を行ったため,夫婦は離婚に至った。不貞相手に損害賠償を求めたが,不貞行為を否認し支払いに応じなかったため提訴。

解決内容

訴訟において被告に対する尋問を実施し,不貞行為が認定され200万円の支払いを認める判決を獲得した。

解決のポイント

不貞行為を否認する被告に対し,長時間被告宅で二人きりで過ごしていた(夜間)ことを認めさせ,裁判所に不貞行為を認定させた。