事務所へのご連絡は 093-571-4688までお気軽に

離婚は避けられなかったものの、慰謝料請求を排斥し、親権と相当額の養育費が認められた事案

依頼者属性(年代、性別、職業)

40代、女性、専業主婦

相手方(年代、性別、職業)

40代、男性、会社員

請求・被請求の区別

被請求

結婚歴

5年

別居の有無

あり

主な争点

離婚、親権、養育費、慰謝料

解決までの期間

10ヶ月

事案の概要

夫が妻のモラハラを理由に、離婚と子どもの親権、慰謝料300万円の支払いを求めた訴訟。妻は、離婚の当初離婚の意思はなかったが、夫の離婚の決意が固いことを知り、親権、養育費、財産分与を求めて争った。

解決内容

和解により、離婚すること、妻が3人の子どもの親権を得ること、夫は妻に、養育費子ども1人5万円及び進学ごとに、年5万円、解決金100万円を支払うこと、面会交流についての取り決め、夫の慰謝料請求の放棄等の合意成立。

解決のポイント

夫は、メールを証拠に妻のモラハラを立証しようとしたが、妻側は、メールの存在は争わず、そのようなメールを送るに至った背景(育児やその他の悩み)を詳細に立証し、夫の妻への協力が不十分であったことを明らかにした。夫の長所もきちんと指摘した。これらにより、前向きな和解交渉に進んで行った。